ワタナベイチローちゃんのBlog

アニイベZの中の人で代表のワタナベイチローちゃんのblogです。お知らせなどもこちらに。

Re:animation(リアニメーション)って何で凄いのかを考えてみた。 #reani_dj

Re:animation(リアニメーション)ってなんで凄いのかを少し考えてみた。

お客さんが多いから凄いの?
有名な人が出演するから凄いの?
告知や宣伝が上手だから凄いの?
 
そうじゃない、僕はそうじゃない思うんだ。そんな音楽イベントや音楽のライブは世の中に山ほどある。
 
僕が初めて「Re:animation」というイベント知った時、凄いと思った理由はこれ。
「10年前には考えられないようなイベントの内容と、インターネット技術の組み合わせで、今までに無かった場所を新しく創っているから」凄いと、僕は思う。 
「アニメソングのDJパーティー」「都市の真ん中でレイブを開催」「クラウドファンディングとSNSで開催費用を集める」
10年前の人なら、ほとんどの人が首を傾げる内容や技術の組み合わせ。そんな内容で数千人を街に集める集団ってどんな人達だ、首謀者ってどんな奴なんだ!そう強く思い、人見知りな僕は勇気を出して「Re:animation 5.5~」のボランティアスタッフ募集に応募したインターネットで、それが僕と「Re:animation」の出会い。
 
それから数年、僕はアニソンDJパーティーの主催者や出演しているDJに話を聞き、インタビューとして記事を書く人になっていた。
「Re:animation」のインタビューの度に僕は、この「mixiの"交響詩篇エウレカセブン"のファンコミュニティでのオフ会から始まった」話を主催のちへさんに聞く。それは「Re:animation」を知っている人なら、ほとんどの人が知っている少しだけ昔の話し。それを話し飽きている主催のちへさん。もう何度も聞いていてその内容をよく知っている僕。
でも僕は聞く。
「そこに至るまでのアニメとインターネットを組み合わせた、聞いたことも無いようなストーリー」
その始まりが大切だから、今でもまだ信じられないような話だけど、アニメのオフ会が数千人が集まる音楽イベントになるまでのストーリーがそこにある。全部実話、それはとても強い。
 
Re:animation」を知らない人はまだまだ多い、それらを知らない人に僕はその話を届けたいから。
そんな誰も聞いたことも無いようなストーリーをまだ日本の多く人は知らない、世界から見たらほぼ100%の人が知らない、だから僕は届けたい。
 
2017年7月の2日間に渡って、東京で開催される「日本最大のアニメ×ダンスミュージック 野外DJフェスリアニメーション10」今までのアニイベZでは絶対に考えられないぐらい多く人の協力で、僕らはそのイベントの取材を大きく行う予定だ。
 
「10年前には考えられないようなイベントの内容と、インターネット技術の組み合わせで、今までに無かった場所を新しく創っているから」
「そこに至るまでのアニメとインターネットを組み合わせた、聞いたことも無いようなストーリー」
 
その2つがあるから「Re:animation」は凄いし強い。
この夏、そんなストーリーを、「アニイベz」と一緒に僕達は、日本はもちろん世界中の人々伝えたいと思っている。
 
そして、この日本にはそんなストーリーがまだまだ沢山ある。
お笑い芸人のコンビが再起をかけて始めた、多くの人を笑顔にする、踊れる!アニソンDJイベントの話。
十代の女の子が友達と始めた、数多くの女性を虜にする本気になれるアニクラの話。
 
そんなストーリーも、いつか僕達で伝えられる日がくればいいなと思っている。